Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース

「Chrome」の開発チームは、「Windows」や「Mac OS」「Linux」向けに提供している同ブラウザに関して、セキュリティアップデートとなる「67.0.3396.87」をリリースした。

今回のアップデートは、重要度「高(High)」とレーティングした脆弱性「CVE-2018-6149」を修正したもの。脆弱性が悪用されると、域外にメモリを書き込むおそれがある。

すでに6月は、「Chrome 67.0.3396.79」で脆弱性1件を修正しており、今月2度目のアップデートとなる。今後数日から数週間でアップデートが完了する見込み。

(Security NEXT - 2018/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性緩和ツール「EMET」、7月31日にサポート終了
「Flash Player」にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性を解消 - 悪用は未確認
7月のMS月例パッチが公開、脆弱性53件を修正 - 「緊急」は17件
「Adobe Acrobat/Reader」に51件の深刻な脆弱性 - あわせて100件以上を修正
Apple、Mac向けにセキュリティアップデート - 「Safari」最新版も
Apple、「iOS 11.4.1」をリリース - 脆弱性22件を修正
Android アプリ「DHCオンラインショップ」に脆弱性
Apple、「Boot Camp」向けに脆弱性「KRACK」対策のアップデート
「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行のおそれも
セキュリティ更新「WordPress 4.9.7」がリリース - 即時アップデートを強く推奨