Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認

いずれも悪用は確認されていない。「Internet Explorer」でメモリ破壊が生じ、リモートでコードが実行されるスクリプトエンジンの脆弱性「CVE-2018-8267」についてはすでに公開済みだという。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」に先立ち、Adobe Systemsが、6月7日に「Adobe Flash Player」の定例外アップデートを公開しているが、マイクロソフトにおいても同日よりブラウザ同梱版向けにアップデートを実施している。

今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2018-0871
CVE-2018-0978
CVE-2018-0982
CVE-2018-1036
CVE-2018-1040
CVE-2018-8110
CVE-2018-8111
CVE-2018-8113
CVE-2018-8121
CVE-2018-8140
CVE-2018-8169
CVE-2018-8175
CVE-2018-8201
CVE-2018-8205
CVE-2018-8207
CVE-2018-8208
CVE-2018-8209
CVE-2018-8210
CVE-2018-8211
CVE-2018-8212
CVE-2018-8213
CVE-2018-8214
CVE-2018-8215
CVE-2018-8216
CVE-2018-8217
CVE-2018-8218
CVE-2018-8219
CVE-2018-8221
CVE-2018-8224
CVE-2018-8225
CVE-2018-8226
CVE-2018-8227
CVE-2018-8229
CVE-2018-8231
CVE-2018-8233
CVE-2018-8234
CVE-2018-8235
CVE-2018-8236
CVE-2018-8239
CVE-2018-8243
CVE-2018-8244
CVE-2018-8245
CVE-2018-8246
CVE-2018-8247
CVE-2018-8248
CVE-2018-8249
CVE-2018-8251
CVE-2018-8252
CVE-2018-8254
CVE-2018-8267

(Security NEXT - 2018/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Windows Defenderアプリ制御」に脆弱性 - 定例外アップデートをリリース
Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
DNSサーバ「Knot Resolver」に複数脆弱性 - 更新がリリース
Atlassian製PMツール「Jira Server」に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Chrome 75.0.3770.142」がリリース、脆弱性2件に対処
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
Mac向けZoom製ウェブ会議ソフトに脆弱性 - ウェブ閲覧でカメラ起動
Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート
「Adobe Experience Manager」に情報漏洩の脆弱性
「Firefox 68」がリリース、クリティカル含む脆弱性21件を解消