Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽Appleのフィッシングメール、偽Amazonに誘導 - 攻撃者のミスか

Appleをかたり、アカウントの異常な操作を検出したなどとして偽サイトへ誘導、アカウント情報をだまし取ろうとするフィッシング攻撃が発生している。メールや誘導先に関係ないブランドが悪用されていた。

フィッシング対策協議会によれば、「Apple ID」の利用者を標的としたフィッシングメールが確認されたもので、複数の文面が見られるが、誘導先はAppleではなく、Amazonを装うフィッシングサイトになっていたという。

複数ブランドの悪用が混在する上、機械翻訳などを利用したためか、メールの本文中にも「24時間以内にあなたの情報を更新しない場合、Amazonアカウントで何ができるか的を絞ってください」など意味が通らない説明が見られた。

同協議会では、類似したサイトへ誤ってアカウント情報や個人情報を入力しないよう注意を呼びかけた。今回のケースに限らず、Appleを装うフィッシング攻撃が多発している。5月に同協議会に寄せられた報告2701件のうち、約65%にのぼり、大量にメールが送信されている。

20180605_pt_001.jpg
フィッシングメールの文面(画像:フィ対協)

(Security NEXT - 2018/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

音声SIM入手のためにフィッシングで得た個人情報を利用か - NifMoが対策
2018年1月のフィッシング攻撃、報告やURLは減少するも高水準
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
3カ月連続でフィッシング報告が増加 - URL件数は過去最悪
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも