Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開

ジュニパーネットワークスとカーボン・ブラック・ジャパンは、両社の連携ソリューションについて展開を強化する。

20180528_fc_001.jpg
ジュニパー代表取締役社長の古屋知弘氏(画面左)とカーボン・ブラック・ジャパンの カントリーマネージャーである西村雅博氏(同右)

両社のグローバルにおけるパートナーシップに基づき、共通の販売パートナーにおいて連携ソリューションを検証、提供していくほか、共通でマーケティングを展開する。

具体的には、ジュニパーのクラウドサービス「Sky Advanced Thread Prevention(Sky ATP)」やアプライアンス製品「Juniper Advanced Thread Prevention Appliance(JATP Appliance)」と、カーボン・ブラックのEDR製品「Cb Response」を提供。

連携にあたっては追加のソフトウェアなどは必要とせず、標準のAPIにより実現しており、ネットワークとエンドポイントを連携させた対策を実現できるとしている。

(Security NEXT - 2018/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性検査ツール「Metasploit Express」、2019年6月にサポートが終了
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
受講者に則した演習環境を自動生成する「CYDERANGE」を開発 - NICT
脆弱性の影響や対応状況の可視化サービス - NTTコム
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
「どこどこJP」、チェック・ポイント利用者向けに設定支援ツール
日本CA、特権アクセス管理ソリューションを国内向けにリリース
日本IBM、SIEM製品のパートナーを拡充