Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトに不正アクセス、会員の個人情報が流出か - 鉄道総研

鉄道総合技術研究所が運営する一部ウェブサイトが不正アクセスを受け、会員に関する個人情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

同研究所によれば、4月9日に鉄道技術推進センターのウェブサーバが不正アクセスを受けたもので、サーバ内に保存されていた会員の個人情報のほか、職員1人の個人情報が流出した可能性がある。

被害を受けた個人情報の規模や具体的な内容などについて、同研究所では取材に対する回答を避け、明らかにしていない。

同研究所では、すでに対象者への報告を済ませており、2次被害の報告は受けていないと説明。再発防止策についても実施済みだとしている。

(Security NEXT - 2018/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

端末1台にマルウェア、情報流出の可能性 - 農産加工品販売業者
ミリ衣料通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
カードゲーム通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用された可能性 - スポーツ用品通販
アーティストグッズ通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面へ誘導
RIZAPのメールアカウントが乗っ取り被害
家具通販サイトでクレカ情報流出 - 不正利用も
Trend Micro従業員が顧客情報を売却 - サポート詐欺に悪用
キャラグッズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
教育ネットに不正アクセス、意図しないファイル保存 - 福島県