Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取

仮想通貨取引所の「bitFlyer」を装い、アカウント情報や仮想通貨をだまし取ろうとするフィッシング攻撃が発生している。

20180524_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

フィッシング対策協議会によれば、問題のフィッシングメールは、「スマート認証」「安全確認」「重要なお知らせ」など複数の件名で送信。

メールの本文では、「異常な動作を検知した」「不審なアクティビティを検出した」などと説明。「アカウントを停止」「強制的に凍結」など、あたかもサービスが利用でくなるかのように不安を煽り、メールのリンクから偽サイトへ誘導していた。

誘導先のフィッシングサイトでは、ログインページを装ったページでアカウント情報をだまし取り、さらに「安全のため、BTCを新しいセーフティアドレスまで移転してください」などとして、仮想通貨を攻撃者のビットコインアドレスへ送信させようとしていた。

同フィッシングサイトは、5月24日の時点で稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
「WordPress」の管理者アカウント狙うフィッシング - DB更新口実に誘導
東京オリンピックの便乗フィッシングメール、17万4000人に送信か
「東京五輪の無料チケット」で誘うメールに要警戒 - 攻撃計画が進行中
アマゾン装うフィッシング - アカウントの「盗難」「閉鎖」など複数口実で誘導