Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし

D-Link製のルータ「DIR-620」に複数の脆弱性が含まれていることが明らかになった。バックドアとして悪用されるおそれがある。

同社によれば、脆弱性を報告したKaspersky Labによれば、同モデルにおいてアカウントのハードコードなど、4種類の脆弱性が存在することが明らかになったという。

具体的には、OSコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2018-6211」が含まれており、さらにハードコードされているtelnetのアカウント情報を取得できる脆弱性「CVE-2018-6210」が含まれており、管理者権限でルータにアクセスされるおそれがあるという。

またウェブのダッシュボードにおいて、ISP向けにアカウント情報がハードコードされている脆弱性「CVE-2018-6213」や、クロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2018-6212」が存在していた。

Kasperskyでは、D-Linkへ問題を報告したが、同社よりサポートが終了しているとの回答があったことから、ダッシュボードやtelnetへのアクセスを制限するなど緩和策を案内している。

(Security NEXT - 2018/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
Dell製ネットワーク管理製品に複数の脆弱性 - 10月のアップデートで修正済み