Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ

VPNサーバである「strongSwan VPN charon server」にサービス拒否へ陥るおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。パッチが公開されている。

パケット長のチェックに問題があり、リモートから悪用が可能なバッファアンダーランの脆弱性「CVE-2018-5388」が含まれていることが明らかになったもの。

rootやVPNグループなどローカルにアクセスする権限がある攻撃者によって脆弱性が悪用されると、リソースが枯渇し、サービス拒否が発生するおそれがある。

開発チームでは、修正パッチをリリースしており、「StrongSwan 5.6.3」および以降のバージョンでは適用されているという。

(Security NEXT - 2018/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート