Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県

千葉県において、発注予定の舗装道路修繕工事で指名業者すべてが記載された書類を、一部の指名業者へ誤ってファックスで送信するミスがあり、入札が中止になったことがわかった。

同県によれば、5月10日に同県山武土木事務所が指名業者に対し送信したファックスにおいて、誤送信が発生したもの。

同県職員が、工事設計書の内容に関する質問への回答書を12の指名業者へ送信した際、そのうち3業者に対し、すべての指名業者が記載された書類を誤って送信してしまったという。

送信同日にファックスを受信した業者から指摘があり問題が発覚。同県では同工事の入札を中止した。

今回の問題を受け、同県は複数の職員から聴取を実施。問題のファックス送信は意図的なものではなく、事務上のミスだったと結論付けている。

(Security NEXT - 2018/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
関係者向けニュースメールで誤送信 - 国立環境研究所
イベント告知メールで誤送信 -兵庫の託児施設
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市
3年前のメール誤送信を公表、匿名による指摘受け - 北九州市