Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県

千葉県において、発注予定の舗装道路修繕工事で指名業者すべてが記載された書類を、一部の指名業者へ誤ってファックスで送信するミスがあり、入札が中止になったことがわかった。

同県によれば、5月10日に同県山武土木事務所が指名業者に対し送信したファックスにおいて、誤送信が発生したもの。

同県職員が、工事設計書の内容に関する質問への回答書を12の指名業者へ送信した際、そのうち3業者に対し、すべての指名業者が記載された書類を誤って送信してしまったという。

送信同日にファックスを受信した業者から指摘があり問題が発覚。同県では同工事の入札を中止した。

今回の問題を受け、同県は複数の職員から聴取を実施。問題のファックス送信は意図的なものではなく、事務上のミスだったと結論付けている。

(Security NEXT - 2018/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
障害者手帳をファックスで誤送信、操作ミス重なり - 宇治市
確認のためメアドをメール本文に、そのまま誤送信 - 佐賀県
農業従事者向けメールで誤送信 - 富山県
メール送信ミスで講習受講希望者のメアド流出 - 香川大
映画「おっさんずラブ」エキストラ応募者へのメールで誤送信
GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
叙勲候補者の個人情報をメール誤送信 - 愛知県