Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県

千葉県において、発注予定の舗装道路修繕工事で指名業者すべてが記載された書類を、一部の指名業者へ誤ってファックスで送信するミスがあり、入札が中止になったことがわかった。

同県によれば、5月10日に同県山武土木事務所が指名業者に対し送信したファックスにおいて、誤送信が発生したもの。

同県職員が、工事設計書の内容に関する質問への回答書を12の指名業者へ送信した際、そのうち3業者に対し、すべての指名業者が記載された書類を誤って送信してしまったという。

送信同日にファックスを受信した業者から指摘があり問題が発覚。同県では同工事の入札を中止した。

今回の問題を受け、同県は複数の職員から聴取を実施。問題のファックス送信は意図的なものではなく、事務上のミスだったと結論付けている。

(Security NEXT - 2018/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員免許更新講習の連絡メールで誤送信、メアド流出 - 山形大
誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 順天堂大
職員採用説明会の案内メールを編集中に誤送信 - 北陸先端大
セミナー案内メール誤送信でメアド流出 - 姫路商工会議所
市運営施設の指定管理者がメール誤送信 - 大阪市
イベント出展団体へのメールで誤送信、謝罪で再度ミス - 東京都
コミュニティサイト「ふどうさん女子」でメール誤送信、会員のメアド流出
ツアー申込者のファックスを別会社へ誤送信 - トヨタツーリスト
メール誤送信で歯科医師などのメアド2066件が流出 - 科研製薬
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専