Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ

オープンソースのコンテンツ管理システム(CMS)である「baserCMS」に、複数の脆弱性が含まれていることが判明した。

コマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2018-0569」や、クロスサイトスクリプティング(XSS)の「CVE-2018-0570」、無制限にファイルがアップロード可能となる「CVE-2018-0571」など、あわせて7件の脆弱性が存在することが明らかとなったとなったもの。

脆弱性を悪用されると、リモートより管理者の権限で任意のコードを実行されたり、ファイルの閲覧が可能。また運営者の権限でログインできるユーザーにより、任意のOSコマンドを実行したり、任意のファイルアップロードが可能となる。

これら脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの米山俊嗣氏や望月岳氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

開発チームでは、脆弱性に対処した「同4.1.1」「同3.0.16」や、修正パッチを用意。また一部脆弱性に関して、必要に応じて追加の対策を講じるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ