Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ

オープンソースのコンテンツ管理システム(CMS)である「baserCMS」に、複数の脆弱性が含まれていることが判明した。

コマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2018-0569」や、クロスサイトスクリプティング(XSS)の「CVE-2018-0570」、無制限にファイルがアップロード可能となる「CVE-2018-0571」など、あわせて7件の脆弱性が存在することが明らかとなったとなったもの。

脆弱性を悪用されると、リモートより管理者の権限で任意のコードを実行されたり、ファイルの閲覧が可能。また運営者の権限でログインできるユーザーにより、任意のOSコマンドを実行したり、任意のファイルアップロードが可能となる。

これら脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの米山俊嗣氏や望月岳氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

開発チームでは、脆弱性に対処した「同4.1.1」「同3.0.16」や、修正パッチを用意。また一部脆弱性に関して、必要に応じて追加の対策を講じるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パッチ公開翌日から「PHP-FPM」への攻撃を観測 - PHP環境の情報収集も
WP向けスペルチェックプラグインにCSRFの脆弱性
「BlueKeep」など既知RDP脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ適用の徹底を
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
「WhatsApp」だけではない、Android向けGIF処理ライブラリの脆弱性に注意
トレンドマイクロ「Deep Security」など複数製品に脆弱性
WordPress向けプラグイン「Jetpack」に脆弱性
全文検索システム「Apache Solr」に脆弱性 - ゼロデイ攻撃のおそれも
PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生
「Docker」の既知脆弱性にPoC - 影響大きく更新状態の確認を