Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ

オープンソースのコンテンツ管理システム(CMS)である「baserCMS」に、複数の脆弱性が含まれていることが判明した。

コマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2018-0569」や、クロスサイトスクリプティング(XSS)の「CVE-2018-0570」、無制限にファイルがアップロード可能となる「CVE-2018-0571」など、あわせて7件の脆弱性が存在することが明らかとなったとなったもの。

脆弱性を悪用されると、リモートより管理者の権限で任意のコードを実行されたり、ファイルの閲覧が可能。また運営者の権限でログインできるユーザーにより、任意のOSコマンドを実行したり、任意のファイルアップロードが可能となる。

これら脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの米山俊嗣氏や望月岳氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

開発チームでは、脆弱性に対処した「同4.1.1」「同3.0.16」や、修正パッチを用意。また一部脆弱性に関して、必要に応じて追加の対策を講じるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ