Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も

Kaspersky Labは、同社の根幹となるインフラをロシアからスイスへ移管すると発表した。2019年末までにスイスにデータセンターを設立する。

同社製品の信頼性や透明性の確保に向けた取り組み「Global Transparency Initiative」の一環として発表したもの。

同社では2019年末までにスイスのチューリッヒにデータセンターを設立。根幹となるインフラをロシアからスイスへ移管し、日本を含む大半地域の同社製品ユーザーから同意を得てクラウド基盤「Kaspersky Security Network(KSN)」で収集した情報などの保存や処理を同センターで行う。

また、ソフトウェアの製造工程もチューリッヒへ移管。製品や脅威検知ルールのアセンブリとデジタル署名をスイスで実施したうえで、エンドポイントに配信する予定としている。

また2018年に、最初の「Transparency Center」をスイスに設立し、同社製品やソフトウェア更新のソースコードレビューを、信頼できるステークホルダーが行う。くわえて、独立した第三者組織によるソースコード検証の実現に向けて、新しい組織の設立を支援するとしている。

(Security NEXT - 2018/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
組織に潜伏するマルウェアを発見する新サービス - PwC-CS
Cylance、パートナー経由でマネージドサービスを展開
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習