Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も

Kaspersky Labは、同社の根幹となるインフラをロシアからスイスへ移管すると発表した。2019年末までにスイスにデータセンターを設立する。

同社製品の信頼性や透明性の確保に向けた取り組み「Global Transparency Initiative」の一環として発表したもの。

同社では2019年末までにスイスのチューリッヒにデータセンターを設立。根幹となるインフラをロシアからスイスへ移管し、日本を含む大半地域の同社製品ユーザーから同意を得てクラウド基盤「Kaspersky Security Network(KSN)」で収集した情報などの保存や処理を同センターで行う。

また、ソフトウェアの製造工程もチューリッヒへ移管。製品や脅威検知ルールのアセンブリとデジタル署名をスイスで実施したうえで、エンドポイントに配信する予定としている。

また2018年に、最初の「Transparency Center」をスイスに設立し、同社製品やソフトウェア更新のソースコードレビューを、信頼できるステークホルダーが行う。くわえて、独立した第三者組織によるソースコード検証の実現に向けて、新しい組織の設立を支援するとしている。

(Security NEXT - 2018/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS
脅威情報を集約し横断分析する「CURE」を開発 - NICT
ドメインに関する脅威分析情報を提供するサービス - ISID
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応