Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県

神奈川県は、県立足柄ふれあいの村においてメール誤送信が発生し、ボランティアの個人情報やメールアドレスが流出したことを公表した。

同県によれば、同施設の指定管理者職員が、5月15日15時半ごろボランティア登録希望者1人に対し送信したメールにおいて誤送信が発生したもの。

送信メールの「CC」欄に、ボランティア登録者12人のメールアドレスを誤って入力したため、本来送られるはずのない12人にも送信された。同メールには、本来の送信先であるボランティア登録希望者1人の氏名や住所、電話番号、年齢、性別、学校名、最寄り駅などの個人情報が記載されていた。また、同メールの受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態だった。

同指定管理者では、対象となるボランティア希望者と登録者に対し謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2018/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

街頭インタビュー映像や音声のファイルを誤送信 - NHK
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
発電事業者や小売電気事業者のメアド流出 - 中電
メール誤送信で利用者3294人分のメアド流出 - 兵庫県立図書館
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 岐阜保健大
職員情報をメール誤送信、抑止システム導入も確認せず - 横浜市
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
メール誤送信で宿泊予約者のメアド流出 - 松本マラソン