Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、同協会が販売するカードゲームの注文者の個人情報を誤ってメールで送信するミスが発生したことを公表した。

同協会によれば、5月10日に関係ない他注文者の個人情報9人分が含まれるメールを、誤って注文者17人へ送信してしまったもの。注文者の氏名や住所、電話番号のほか、記入している場合は所属などが含まれる。

注文者へ発送するための宛名ラベルを差し込み印刷する際、「Word」のメニュー選択において、文書の印刷ではなく、メール一括送信の機能を誤って選択してしまったという。

印刷対象の「Wordファイル」にメールアドレスのデータは含まれていなかったが、データの取り込み元である「Excelファイル」にメールアドレスが保存されており、それらメールアドレスに対してOutlook経由で送信が行われた。

注文者からの指摘で誤送信が判明。マルウェア感染などの可能性も含め、セキュリティベンダーによる調査も実施したが、誤操作が原因であることを確認した。

同協会では、送信先に対して個別に連絡を取り、謝罪。事情を説明して削除を依頼した。今後は差し込み印刷を利用する際の作業を見直すなど、再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2018/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

当選賞品を宛名と異なる住所へ送付 - 九州電力
採用説明会参加者向けメールで送信ミス - 原子力規制庁
取材内容や記者個人情報をファックスで誤送信 - 上野動物園
催告書を誤発送、宛名データ作成ミスで - 豊島区
分科会委員へのメールで送信ミス - 港区
就業支援事業の求職者向けメールで誤送信 - 大阪府
オーディション結果の連絡メールを送信ミス - 声優事務所
顧客情報含むファイルがアクセス可能な状態に - まつ毛エクステ店
自治体担当者の個人情報含むファイルをメールで誤送信 - 総務省
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市