Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに

政府は、日本とドイツで進める産業分野のサイバーセキュリティにおける連携について今後の方針などを発表した。

経済産業省とドイツの経済エネルギー省では、2016年4月に「日独IoT/Industrie4.0協力に係る共同声明」を次官級で締結。産業分野のサイバーセキュリティで協力関係をスタートさせ、情報共有と意見交換を目的に、これまで両国専門家による会合を8回開催している。

今回、これまでの議論を踏まえて検討の成果と今後の方針を取りまとめ、ベルリンで開催された国際カンファレンス「Securing Global Industrial Value Networks synchronising international approaches」において、共同文書として発表した。

共同文書では、製造業の安全なサプライチェーンの実現にあたり、関係者の信頼性確保が求められると指摘。組織や人材、コンポーネント、データ、手順、システムなどにおけるセキュリティ確保の重要性を強調した。

今後両国では、連携強化を通じて産業分野のサイバーセキュリティ要件について具体化を推し進め、同分野における主導権を握っていきたい考えだ。

(Security NEXT - 2018/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省
「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン」に2019年版
NECとFFRI、海外製品由来の問題に影響受けない製品を共同開発
安全なデータ利活用の企業実態について報告書 - IPA
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通貨取引所やFX事業者が初参加
人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス
中南米のセキュリティ体制やCSIRT動向は? - JPCERT/CCが調査報告
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
セーフティクリティカルなシステムでのLinux活用目指してプロジェクト