Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明

「VMware NSX SD-WAN Edge by VeloCloud」にコマンドインジェクションの脆弱性が含まれていることがわかった。

VMwareによれば、同製品のローカル向けウェブインターフェスのコンポーネントにおいて、リモートよりコードの実行が可能となるコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2018-6961」が含まれているという。

同社では、アップデートとして「同3.1.0」をリリース。また同コンポーネントはデフォルトで無効となっており、信頼できないネットワークでは利用を避けるよう注意を喚起。同社では将来のリリースにおいて同機能を削除する予定だとしている。

(Security NEXT - 2018/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Minecraftサーバ」向けプラグインに脆弱性
「ColdFusion」に3件の深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
WP向け出勤管理プラグインなどに複数脆弱性
OSSのwikiシステム「GROWI」に2件の脆弱性 - アップデートがリリース
「VMware Tools」や「Workstation」に脆弱性
HPE IMCに多数の深刻な脆弱性 - 早急にアップデートを
「Windows 10」のリモート接続で画面認証回避のおそれ - 修正パッチは未提供
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
PHPにヒープバッファーフローなど複数の脆弱性 - アップデートが公開