Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アプリ38種がGoogle Playで流通 - 広告目的か

ユーザーが誤ってインストールしてしまった場合、アプリはみずからホーム画面のアイコンを削除。「Helper」といった名称で、本来の目的とは異なるアプリを偽装することで存在を隠ぺい。バックグラウンドで動作を続けていた。

別のアプリをダウンロードする広告を表示するほか、特定ブログのURLへアクセスするよう促す機能が備えており、ウェブへのトラフィックを獲得するために配布しているものと同社では分析している。

同社によると、いずれもGoogle Playより削除されているという。

20180514_sy_002.jpg
流通したアプリの一覧(表:シマンテック)

(Security NEXT - 2018/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北朝鮮攻撃グループ、偽「仮想通貨取引ソフト」をばらまく攻撃か - 「macOS」をはじめて標的に
宅配便不在通知を偽装したSMS、7月中旬より相談急増
Android狙う情報窃取アプリ、SMSで拡散 - 銀行アプリを偽物に置換
偽佐川急便からのSMSに注意を - ネットバンク利用者狙う不正アプリを拡散
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
ログイン情報だまし取る「偽Uberアプリ」 - 正規アプリ表示で詐取を隠ぺい
偽「マリオアプリ」、5年間に6500件超 - Android版「スーマリラン」の便乗攻撃にも注意を
ルータのDNSを変更する不正Androidアプリ - ダウン時備えセカンダリも指定