Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD

電子書籍の取次事業などを展開するメディアドゥホールディングスのFacebookページにおいて、第三者によるなりすまし投稿が行われたことがわかった。すでに復旧している。

同社によれば、5月10日21時過ぎ、同社Facebookページを管理する管理者個人のアカウントが不正アクセスを受け、第三者により投稿が行われたという。

同社では、不正投稿の判明後、投稿内容にアクセスしないようウェブサイトで注意喚起を行うとともにFacebookへ連絡を取るなど対応を進めていたが、5月12日に復旧した。

不正な投稿は、中国語による通販らしきもので1件のみだったという。同社では不正投稿の原因となった個人アカウントが不正アクセスを受けた原因について調べている。

(Security NEXT - 2018/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
総務相、自治体へマイナンバー制度の推進を要請
2017年4Qの不正プログラム検出数は82万件 - 「CoinMiner」の報告も
JUIDA、ドローンを活用した物流の安全運用に向けたガイドライン案を公開
詐欺サイトの通報窓口を開設 - セーファーインターネット協会
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も