Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など

富士通は、サイバーセキュリティのライフサイクルを一元的にサポートする「FUJITSU Security Solution グローバルマネージドセキュリティサービス」の拡充を発表した。

同社では、エンドポイントにおけるセキュリティ対策として、サイバーリーズン・ジャパンの「Cybereason EDR」の導入から運用、保守を同社が代行する「FUJITSU Security Solution Cybereason EDRサービス」を5月より展開。

「Microsoft 365 E5」の利用企業を対象に、同ソリューションに実装されたセキュリティ対策機能の運用や監視、攻撃検知後の対処などを同社が実施するサービスを9月より順次提供する。

さらに同社では、ダークウェブの脅威情報を収集可能とする技術を持つイスラエルのIntSights Cyber Intelligenceと協業。ダークウェブの脅威情報を同社が分析し、顧客に応じた脅威情報を提供するサービスを8月に開始する予定。

「グローバルマネージドセキュリティサービス」から必要なサービスのみを提供することで、導入期間を短縮した「FUJITSU Security Solution グローバルマネージドセキュリティサービス エクスプレス」についてもあわせて提供していく。

(Security NEXT - 2018/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
凸版印刷とTIS、MSS展開で協業
NRIセキュア、CrowdStrike向けに「マネージドEDRサービス」を提供
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス
重要インフラなどへ対策サービス - NTTセキュリティ
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始
IBM、自動車やSCADAにも対応するセキュリティテストサービス - ヒューマンリスクも判断
A10、ADCの一元管理ソリューションをリリース