Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、サイバーセキュリティを重視した企業経営のあり方や、セキュリティ人材育成の施策に関する報告書を取りまとめた。5月17日まで意見を募集している。

政府では、「サイバーセキュリティ戦略」のもと、セキュリティ対策が「費用」ではなく「投資」であるとの認識を醸成するため、経営層向けの意識改革に取り組んでいるが、さらなる意識改革を促進に向けて、周辺動向や諸外国の動きなど踏まえ、中小企業を含めた対策を検討。セキュリティマインドを持った企業経営ワーキンググループが報告書として取りまとめた。

またサイバーセキュリティ人材の育成に関する施策間連携ワーキンググループでは、各省庁におけるセキュリティ人材育成施策を整理し、施策間の連携強化を検討。戦略マネジメント層や実務者層、技術者層など各層別の人材モデルやカリキュラムなどを策定し、報告書を作成した。

同センターでは、これらの報告書について意見募集を実施。意見は電子政府の総合窓口「e-Gov」をはじめ、郵送、ファックス、メールなどで受け付ける。意見の提出期限は5月17日17時。郵送の場合は同日必着となっている。

(Security NEXT - 2018/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

工場向け産業用IoT機器、導入時の注意点は? - JPCERT/CCが解説
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上
政府、今後3年間の「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
セキュリティの専門家がいる企業は65% - 国内では51%
AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
JNSA、「経営者のための情報セキュリティ対策」を公開 - 「ISO 31000」を例に解説
政府、今後3年間のサイバーセキュリティ戦略案 - パブコメ実施
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出