Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GWパンダ観覧券の一部で他当選者名を記載 - 上野動物園

上野動物園が、抽選で当選した申込者に発送したパンダの観覧券において、関係ない別の当選者の情報を記載し、送付するミスが発生した。

同園によると、ゴールデンウィークに向けて実施したパンダ観覧の抽選において、当選ハガキ8180通を送付したが、209件に記載ミスがあったという。観覧券を受け取った申込者の指摘で問題が判明した。

207件において同行者について他の当選者の同行者の名前を記載。また代表者、同行者のいずれも別の当選者の代表者、同行者の名前を記載して送付したケースが2件あった。当落選の結果に誤りはなかったとしている。

委託先事業者における入力ミスが原因で、今回の問題を受け、同園では当選者に電話で連絡を取り、謝罪する書面と観覧券を再度発送した。

(Security NEXT - 2018/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客向け案内メールに顧客リストを誤添付 - ボルボ
メール誤送信、発覚おそれて職員が関連メールを削除 - 川崎市
がん患者情報を誤送信、煩雑となり個人情報記載 - 横浜市立大病院
当選賞品を宛名と異なる住所へ送付 - 九州電力
採用説明会参加者向けメールで送信ミス - 原子力規制庁
取材内容や記者個人情報をファックスで誤送信 - 上野動物園
催告書を誤発送、宛名データ作成ミスで - 豊島区
分科会委員へのメールで送信ミス - 港区
就業支援事業の求職者向けメールで誤送信 - 大阪府
オーディション結果の連絡メールを送信ミス - 声優事務所