Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減

4月にフィッシング対策協議会へ寄せられたフィッシングの報告件数は、前月に引き続き依然として高い水準で推移している。一方フィッシングサイトのURL件数は、16%減とやや改善を見せた。

20180507_ap_001.jpg
フィッシング対策協議会が受領したフィッシングの報告数とURL件数の推移(発表をもとに作成)

同協議会によれば、フィッシングの報告件数は1897件。前月の1908件を11件下回ったものの、過去2年間の状況と比較しても依然として高い水準にある。

フィッシング攻撃に悪用されたURLは577件。前月の687件から110件と16%減となり、3カ月ぶりに500件台となった。悪用されたブランド件数は2件減少となる30件だった。

3月と同様の傾向が続いており、複数のブランドにおいて大量のフィッシングメールが配信されたことから、多くの報告が寄せられたという。また、同業種の異なるブランドを装ったフィッシングメールで、同一の文面を使い回されるケースも確認されているとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加