Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース

デジタルアーツは、暗号化したファイルをブラウザからも閲覧できる暗号化製品の新版「FinalCode 5.4」を提供開始した。

同製品は、ファイルを暗号化するとともに、利用状況を追跡し、リモートで権限の変更などを可能にするソリューション。

新版では、クライアントソフトをインストールしていないWindowsやMac、iOSからもブラウザから、暗号化ファイルを閲覧できる「ブラウザービュー」を追加した。

暗号化ファイルはHTML形式で作成。ワンタイムパスワードによる認証により、ファイルを閲覧する個人の特定し、閲覧期限や回数、コピー&ぺースト、印刷の可否などを設定可能。リモートからファイルの操作権限を変更できる。

(Security NEXT - 2018/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ
ランサムウェア「PyLocky」の無料復号ツールが公開 - ただし条件あり
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
iOS向けにアカウント流出や脆弱な無線LANをチェックできるアプリ - Avast
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応