Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース

デジタルアーツは、暗号化したファイルをブラウザからも閲覧できる暗号化製品の新版「FinalCode 5.4」を提供開始した。

同製品は、ファイルを暗号化するとともに、利用状況を追跡し、リモートで権限の変更などを可能にするソリューション。

新版では、クライアントソフトをインストールしていないWindowsやMac、iOSからもブラウザから、暗号化ファイルを閲覧できる「ブラウザービュー」を追加した。

暗号化ファイルはHTML形式で作成。ワンタイムパスワードによる認証により、ファイルを閲覧する個人の特定し、閲覧期限や回数、コピー&ぺースト、印刷の可否などを設定可能。リモートからファイルの操作権限を変更できる。

(Security NEXT - 2018/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
ランサムウェア「Ims00rry」の無償復号化ツールが公開
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
ALSIの暗号化ソフト、ストレージソフト「Proself 」と連携
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
暗号化通信対応パブリックDNSサービスを試験運用 - IIJ
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
次期バージョン「OpenSSL 3.0.0」の設計概要が公開