Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部学費請求書を誤送付、前年データ流用後に作業ミス - 横浜市立大

横浜市立大学は、学費請求書の一部が誤った住所へ送付されたことを明らかにした。システムに追加するためにデータを作成した際、作業ミスがあったという。

同大によれば、4月16日に新入生の保証人へ送付した学費請求書の一部において誤送付が発生したもの。郵便局から請求書が返送されたことから問題に気が付いた。学費請求書には、2018年度の新入生と保証人の氏名と学籍番号が記載されている。

誤送付した件数は70件。そのうち31件が誤った宛先に届く可能性があり、2件については誤った宛先に届いて同大へ連絡があった。また37件は宛先不明で返送されたとしている。

誤送付が発生した原因は、データ作成時のミスによるものだった。同大では、教務電算システムへアップロードするデータについて、更新項目がずれないよう前年度に利用したデータのコピーに上書きする方法を用いて作成していたが、請求先住所の項目を上書きしなかったため、2018年度の新入生70人分の請求先住所が、前年度の新入生の住所として登録されてしまったという。

同大では誤送付先に電話で連絡し、説明と謝罪を実施。返信用封筒を発送し、誤送付した請求書の回収を進めている。また本来の送付先となる保証人に対しても謝罪し、あらたな学費請求書を発送している。

(Security NEXT - 2018/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

貸付金の借受人や連帯保証人などの個人情報を紛失、4年前に発生 - 滋賀県
学生情報含む教員の私有USBメモリが所在不明に - 大阪工業大
約6.2万人分の個人情報入りUSBメモリが所在不明に - 関西大
奨学金支給対象者の個人情報や口座情報含むファイルを誤送信 - 横浜市立大
学生約2万人分や保証人の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 大東文化大
払込票誤送付で奨学生や連帯保証人の情報流出 - 日本学生支援機構
書類の紛失や誤送付など3件の個人情報関連事故を公表 - 住宅金融支援機構
信用保証書を関係ない金融機関へファックス送信 - 鳥取県信用保証協会
業務情報2万8000件含む県や公社のPCが建設事務所で盗難 - 愛知県
4支店で顧客情報600件含む帳票11種類42枚の紛失が判明 - 八千代銀行