Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増

ソフトウェア製品の脆弱性51件を種類別に見ると、「ウェブアプリケーションソフト」が12件でもっとも多く、「スマートフォン向けアプリ(8件)」「情報家電(7件)」と続く。

脆弱性が悪用された場合に生じる脅威では、「任意のコマンドの実行」が13件で最多だった。次いで「任意のスクリプトの実行(10件)」「情報の漏洩(9件)」が多い。

同四半期に脆弱性の修正が完了し、「JVN」で公表したソフトウェア製品は50件。累計で1754件となる。「連絡不能開発者」としてあらたに製品開発者名を公表したものはなく、累計は251件となる。

一方ウェブサイトに関する脆弱性を見ると、87件のうちもっとも多かったのは「SQLインジェクション」で35件だった。次いで「クロスサイトスクリプティング」が25件、「ファイルの誤った公開」が8件と続く。

同四半期に修正を完了した脆弱性は37件で、そのうち90日以内に修正が完了したのは29件。修正完了件数の累計は7142件となる。90日以内に修正が完了した累計件数は4660件で、修正完了件数に占める割合は66%。2015年第3四半期から変化はない。

(Security NEXT - 2018/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コード改ざん起因の「Webmin」脆弱性を狙うアクセスを観測
「Jira Server」の脆弱性を探索するアクセスを観測 - 警察庁
専門学生向けにコンテスト開催、課題は「WAF」導入 - MBSD
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
7割がセキュリティ予算不足 - 最新技術の導入足かせに
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
JSOLとBBSecが協業、クラウド導入とセキュ対策を提供
イー・ガーディアン、グレスアベイルを子会社化 - 取締役に徳丸氏
MS、脆弱性調査環境「Azure Security Lab」を新設 - 報償金は最高30万ドル