Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市

千葉県八千代市は、上下水道局が管理する水位の監視カメラが不正アクセスを受けたことを明らかにした。同市では復旧を進めている。

20180425_yc_001.jpg
不正アクセスを受けた八千代市

不正アクセスを受けたのは、八千代1号幹線沿線に設置された水位監視用のカメラ。4月24日17時過ぎに被害へ気が付いた。

設置する3台のうち、2台がインターネット経由で不正アクセスを受けてシステムが改ざんされ、画像に日時と「I'm hacked. bye2」の文字が表示される状態だったという。

カメラに外部からアクセスするにはパスワードが必要だが、解析されて侵入を受けたものと見られており、システムの改ざん後はパスワードが変更され、同市で制御できない状態に陥った。

同市では、水位の状況をインターネットから確認できるよう、30秒ごとに更新される監視カメラの映像を専用サイトで公開していたが、今回の不正アクセスの影響で公開できない状態となっている。

今回の問題を受け、同市では八千代警察署へ通報。復旧に向けて対応を進めている。

(Security NEXT - 2018/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トーラムオンラインにPWリスト攻撃 - 不正ログインが発生
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
不正アクセスでサイトが改ざん被害 - 鹿児島大
海外子会社に不正アクセス、スパムの踏み台に - 化学工業メーカー
子会社従業員のなりすましメールに注意喚起 - 読売テレビ
まつ毛エクステ通販サイトに不正アクセス - 決済画面が改ざん
ストレッチ専門店で不適切な求人広告 - 元従業員改ざん
販売サイトに不正アクセス、顧客情報が流出 - 鎌田醤油
JR東日本「えきねっと」にPWリスト攻撃 - アプリ経由で