Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市

千葉県八千代市は、上下水道局が管理する水位の監視カメラが不正アクセスを受けたことを明らかにした。同市では復旧を進めている。

20180425_yc_001.jpg
不正アクセスを受けた八千代市

不正アクセスを受けたのは、八千代1号幹線沿線に設置された水位監視用のカメラ。4月24日17時過ぎに被害へ気が付いた。

設置する3台のうち、2台がインターネット経由で不正アクセスを受けてシステムが改ざんされ、画像に日時と「I'm hacked. bye2」の文字が表示される状態だったという。

カメラに外部からアクセスするにはパスワードが必要だが、解析されて侵入を受けたものと見られており、システムの改ざん後はパスワードが変更され、同市で制御できない状態に陥った。

同市では、水位の状況をインターネットから確認できるよう、30秒ごとに更新される監視カメラの映像を専用サイトで公開していたが、今回の不正アクセスの影響で公開できない状態となっている。

今回の問題を受け、同市では八千代警察署へ通報。復旧に向けて対応を進めている。

(Security NEXT - 2018/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
アサヒ軽金属のネットショップに不正アクセス - 最大7.7万件のクレカ情報が流出か
不正プログラムが設置、カード情報が外部流出 - 衣料品通販サイト
職員と部署のメールアカウントに不正アクセス、メール漏洩やスパム送信など - 明大
長野県立歴史館のサイトが改ざん - 第三者が画像や文言を追加
日本セーリング連盟のオリ強サイトが改ざん - 未使用の旧CMSが原因か
産総研への不正アクセス、職員ID約8000件でPW試行 - 平日夕方から深夜に活動
複数IPよりニコニコにPWリスト攻撃 - 5月に続き注意喚起
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社