Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大

京都橘大学は、滋賀県守山市が主催した体操教室および体力測定会参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失したことを明らかにした。

同大によれば、教員が代表者となっている共同研究のため、同市が主催した「健康のび体操教室」と体力測定会の参加者から収集したデータを保存したUSBメモリを紛失したもの。問題のUSBメモリには、参加者48人の氏名、年齢、体力測定値、問診内容などが保存されていた。

4月9日、研究の補助をしていた学生が、自宅でデータ処理を行うため私物のUSBメモリにデータを移して帰宅。翌日、USBメモリを紛失していることに気付いた。移動経路を調べたほか、警察へ届けているが見つかっていない。

今回の共同研究では学生がデータを扱うことは承認されておらず、データ匿名化のルールも守られていなかった。同大では、対象となる参加者への謝罪文を同市に提出。共同研究者に対しても謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2018/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
学生情報含むUSBメモリが所在不明 - 札幌学院大
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
個人情報含む私物USBメモリ紛失で中学教諭を懲戒処分 - さいたま市教委
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
小学校で児童の個人情報含む私用USBメモリを紛失 - 尼崎市
海外研修で引率教諭が鞄置き忘れ、個人情報紛失 - 立命館宇治中高
患者情報9000件含むUSBメモリが所在不明 - 富山市民病院
教諭が生徒情報含むUSBメモリをリュックごと紛失 - 千葉市
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市