Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、Mac向けに「Security Update 2018-001」をリリース

Appleは、Mac向けにセキュリティアップデート「Security Update 2018-001」をリリースした。2件の脆弱性に対処したという。「Safari 11.1」についてもリリースしている。

同アップデートは、「macOS High Sierra 10.13.4」に提供するもので、「Crash Reporter」においてメモリ破壊が生じ、権限の昇格が可能となる脆弱性「CVE-2018-4206」を修正。またURLの処理に問題があり、細工したメッセージを処理した際に、UIの偽装が可能となる「CVE-2018-4187」を修正した。

さらに同社では、「OS X El Capitan」以降に対して「Safari 11.1」をリリース。「WebKit」に起因する脆弱性2件を修正した。

同社では、スマートデバイス向けに公開した「iOS 11.3.1」においても同様の脆弱性を修正している。

(Security NEXT - 2018/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力