Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OpenSSL」のRSA鍵生成時に秘密鍵取得されるおそれ - 次期更新で修正予定

「OpenSSL」に秘密鍵を取得されるおそれがある脆弱性が判明した。ただし、重要度は「低」とされており、次期アップデートで修正予定だという。

開発チームによれば、RSAキー生成時において、キャッシュのタイミングに関わる脆弱性「CVE-2018-0737」が判明したもの。

RSAキーの生成プロセス中にアクセス権を持つ攻撃者によってサイドチャネル攻撃を受けた場合、秘密鍵を取得されるおそれがあるという。

「OpenSSL」の開発チームでは、同脆弱性の重要度「低」とレーティングしており、同脆弱性を修正するアップデートはリリースしておらず、次期バージョンとなる「OpenSSL 1.1.0i」「同1.0.2p」にて修正する予定。

(Security NEXT - 2018/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
対「Struts 2」の脆弱性攻撃が発生、目的はマイニング - さらなる悪用増加に要警戒
シューズ通販ショップに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
Apple、「iOS 13.4」「iPadOS 13.4」をリリース
ゼロデイ脆弱性、攻撃対象は「Windows 7」 - 「Windows 10」への影響は限定的
「Adobe Creative Cloud」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが公開
「Windows」に脆弱性、すでにゼロデイ攻撃も - 回避策などの実施を
「PHP」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
「Drupal」にアップデート - サードパーティ製エディタに起因する脆弱性を解消