Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開

Oracleは、同社の定例アップデートである「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開し、「Java SE」に関する脆弱性14件を修正した。

今回のアップデートでは、CVEベースで14件の脆弱性に対処した。共通脆弱性評価システム「CVSS v3」においてスコアが「7.0」以上で「緊急」または「重要」とされる脆弱性は6件。21件のうち18件に関してはリモートより認証なしに攻撃が可能だとしている。

同社では、脆弱性へ対処した「同10.0.1」を提供。また「同8 Update 171」とさらにバグフィクスを実施した「同8 Update 172」をリリース。アップデートを呼びかけている。

20180418_or_002.jpg
「CVSS v3」のスコアが「7.0」以上の脆弱性(表:Oracle)

(Security NEXT - 2018/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性緩和ツール「EMET」、7月31日にサポート終了
「Flash Player」にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性を解消 - 悪用は未確認
7月のMS月例パッチが公開、脆弱性53件を修正 - 「緊急」は17件
「Adobe Acrobat/Reader」に51件の深刻な脆弱性 - あわせて100件以上を修正
Apple、Mac向けにセキュリティアップデート - 「Safari」最新版も
Apple、「iOS 11.4.1」をリリース - 脆弱性22件を修正
Android アプリ「DHCオンラインショップ」に脆弱性
Apple、「Boot Camp」向けに脆弱性「KRACK」対策のアップデート
「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行のおそれも
セキュリティ更新「WordPress 4.9.7」がリリース - 即時アップデートを強く推奨