Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も

20180416_so_001.jpg
テレワークセキュリティガイドライン第4版

総務省は、「テレワークセキュリティガイドライン第4版」を公開した。BYODやクラウドサービス利用時の注意点を追加し、無線LANの脆弱性対策を盛り込むなど、テレワーク環境の変化を踏まえた改定となっている。

同ガイドラインは、企業や組織がテレワークを安全に導入できるよう、セキュリティ対策の指針を取りまとめたもの。2004年に策定し、これまでにも2006年、2013年と2度の改訂を行っている。

テレワーク環境の変化を受け、同省では改正案を取りまとめ、2月14日から3月15日まで意見を募集。提出された5件の意見を踏まえて一部修正し、第4版を策定した。

第4版では、BYODやクラウドサービスを利用する場合の注意点を追加。対策のポイントとして、無線LANの脆弱性対策やSNS利用における留意事項、ランサムウェアに対する対策などを盛り込んだ。また、セキュリティ対策を実施すべき基本的な対策と、実施が推奨される対策にわけ、詳細を解説している。

20180416_so_002.jpg
ガイドラインの構成や改訂のポイント(画像:総務省)

(Security NEXT - 2018/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

緊急事態宣言解除後のセキュリティチェックリスト - JNSA
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査
NICT、サイバー防御演習の教材を期間限定で無償提供
約7割が通常出社、在宅対応できないケースも少なくなく
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
少なくない? テレワーク実施でも紙資料提出で出社
25.4%が新コロ対応でテレワーク - 企業規模で大きな差
テレワークの課題は社内体制と設備、セキュリティ - 都内企業
約7割、緊急時のテレワークに賛成 - 環境用意できないとの声も
テレワーク実施者の約4割、「セキュリティ問題」がデメリット