Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック

トレンドマイクロは、家庭内ネットワークの安全性を診断する無料ツール「オンラインスキャン for Home Network」に、脆弱性診断機能を追加した。

同ツールは、家庭内ネットワークに接続されているデバイスの可視化機能と、デバイスの管理パスワードやWi-Fi設定のセキュリティ強度を診断する機能などを提供する無料ツール。

今回あらたに、接続機器の脆弱性を診断する機能を追加。ルータやウェブカメラにおいて遠隔操作されるおそれがある脆弱性のほか、「Shellshock」や「SMBv1」に関する脆弱性などを診断。

また「Mirai」や「BrickerBot」で利用されるポートの開放状況についても調査を行い、適切な設定を案内するという。

同ツールは、同社のウェブサイトから無料でダウンロードできる。

(Security NEXT - 2018/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
IoT機器メーカー向けのPSIRT支援サービス - NRIセキュア
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
ビルシステム向けセキュリティソリューション - NTTセキュリティら
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア