Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック

トレンドマイクロは、家庭内ネットワークの安全性を診断する無料ツール「オンラインスキャン for Home Network」に、脆弱性診断機能を追加した。

同ツールは、家庭内ネットワークに接続されているデバイスの可視化機能と、デバイスの管理パスワードやWi-Fi設定のセキュリティ強度を診断する機能などを提供する無料ツール。

今回あらたに、接続機器の脆弱性を診断する機能を追加。ルータやウェブカメラにおいて遠隔操作されるおそれがある脆弱性のほか、「Shellshock」や「SMBv1」に関する脆弱性などを診断。

また「Mirai」や「BrickerBot」で利用されるポートの開放状況についても調査を行い、適切な設定を案内するという。

同ツールは、同社のウェブサイトから無料でダウンロードできる。

(Security NEXT - 2018/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye
ウェブアプリなどの脆弱性情報を配信するサービス - EGセキュア
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
IoTに特化した脆弱性診断サービス - サイバーマトリックス
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収