Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ

パスロジは、コンシューマー向けにスマートフォンアプリと連動して利用するWindows向け認証ソフト「ぱすまど」を提供開始した。個人であれば無料で利用できるという。

同製品は、Windowsへのサインインを1分ごとに変化する同社独自のワンタイムパスワードに置き換えるソフトウェア。スマートフォン向けアプリ「PassClip」と組みあわせて使用する。

サインインには、あらかじめ設定を行ったスマホのアプリを使用。マトリクス上に表示された数字から指定したパターンのパスワードを入力して認証。スマートフォンでパスワードを表示してから一定時間以外は、端末をロックし、サインインを受け付けないという。複数台のWindowsにインストールし、1台のスマートフォンから管理することも可能。

同ソフトは同社のウェブサイトから、スマートフォン用アプリはApp StoreまたはGoogle Playから無料でダウンロードできる。ただし、個人向けとなるため、法人や団体では利用できない。

(Security NEXT - 2018/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顔認証決済の自販機を実証実験 - ダイドードリンコ
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
テレワーク利用者向けにSaaS型認証サービス - パスロジ
日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
テレワーク環境向けに期間限定の脆弱性診断 - BBSec
テレワーク需要に「F5 APM」入りHCIを展開 - TED
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス