Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ

パスロジは、コンシューマー向けにスマートフォンアプリと連動して利用するWindows向け認証ソフト「ぱすまど」を提供開始した。個人であれば無料で利用できるという。

同製品は、Windowsへのサインインを1分ごとに変化する同社独自のワンタイムパスワードに置き換えるソフトウェア。スマートフォン向けアプリ「PassClip」と組みあわせて使用する。

サインインには、あらかじめ設定を行ったスマホのアプリを使用。マトリクス上に表示された数字から指定したパターンのパスワードを入力して認証。スマートフォンでパスワードを表示してから一定時間以外は、端末をロックし、サインインを受け付けないという。複数台のWindowsにインストールし、1台のスマートフォンから管理することも可能。

同ソフトは同社のウェブサイトから、スマートフォン用アプリはApp StoreまたはGoogle Playから無料でダウンロードできる。ただし、個人向けとなるため、法人や団体では利用できない。

(Security NEXT - 2018/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
正規と同スレッドに表示される偽SMS - SBが注意喚起
認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
IoT 機器セキュリティ基準の技適認定サービス
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS