Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱

過去1年間に、内部不正による個人情報の漏洩や逸失を認知している企業が1割を超えることがわかった。

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)とITRが、1月17日から29日にかけて、ウェブアンケート形式で調査を実施し、結果を取りまとめたもの。従業員50人以上の国内企業に勤務し、IT戦略の策定または情報セキュリティ施策に関わる役職者を対象に実施。693社が回答した。

同調査によると、過去1年間にインシデントを経験していないとする企業は29.6%と3割に届かなかった。ただし、これらに関してもインシデントを認知していないだけの可能性もある。

一方、インシデントを認知したとする企業において、インシデントの内容を見ると、「社内パソコンのマルウェア感染」が27.3%でもっとも多い。

次いで「スマートフォン、携帯電話、タブレットの紛失、盗難」が20.8%、「人為ミスによる個人情報の漏洩、逸失」が17.3%、「USBメモリ、記録媒体の紛失、盗難」が16.9%で続く。

(Security NEXT - 2018/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件
中小企業の内部不正、発覚事案の1割弱が情報漏洩
4社に1社がインシデント被害を経験 - 半数超が脆弱性突かれた被害
4社に3社が過去1年間にインシデントを認知 - 標的型攻撃は8社に1社
2015年度はPマーク事業者796社で1947件の個人情報関連事故
内部不正経験者の42%は「故意」 - 多忙や組織への不満が不正を誘発
IPAが10大脅威を取りまとめ - 組織と個人で異なる傾向