Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大

同大では、従来より利用者に対する注意喚起など研修を実施してきたが、利用者個人の対策に限界を感じており、二要素認証について導入を検討しているところだったという。

一方で苦しい財政事情もあるようだ。「セキュリティ対策を強化するシステムの導入を検討しているが、費用の確保に苦慮している(同大)」と状況を説明する。

政府では、2004年度の国立大学の法人化以降、運営費交付金の削減を推進。同大においても約1割が削減されている。国立大学においては、交付金の減少で経営状況の悪化などの指摘が出ている。

(Security NEXT - 2018/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市
メールサーバで設定ミス、スパムを中継 - 山口県産業技術センター
4000人超で不正ログイン被害が発生 - LINE
不正アクセスでスパムの踏み台に - 山梨県の文化施設
サーバ公開後に不正アクセス、フィッシングの踏み台に - お茶大
都議会議員メルアカが乗っ取り被害 - スパムの踏み台に
メルアカに不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に - JEMIC
教職員25人がフィッシング被害、障害通知偽装メールで - 金沢大