Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

印影など含む帳票を保存箱ごと紛失、誤廃棄か - JAちばみどり

ちばみどり農業協同組合は、2支店において、顧客情報が記載された帳票を保存箱ごと紛失していたことを明らかにした。

同組合によれば、矢指支店と銚子支店において、顧客の氏名や住所、電話番号、印影、口座番号、取引金額などが記載された入力票の紛失が判明したもの。入力票は、払戻しや入金伝票、振込依頼書、為替受信票、融資などを行う際の実行票として利用している。

矢指支店において、2008年5月1日から同年6月30日までに取り扱った帳票や2016年10月3日から同年12月30日までに扱った帳票を紛失。それぞれ1213人分、983人分の個人情報が含まれる。

また銚子支店では、2013年6月20日から同年7月31日までの入力票について所在がわかっておらず、1390人分の情報が記載されていた。

(Security NEXT - 2018/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

教諭が生徒情報含むUSBメモリをリュックごと紛失 - 千葉市
顧客情報含む伝票綴りを紛失、誤廃棄か - 鹿児島相互信金
高技専2校で生徒指導要録の紛失が判明 - 大阪府
印影など含む伝票綴りを紛失 - 大分銀
職員が個人情報を持ち帰り紛失、決裁文書放置で未処理も - 三重県
人工呼吸器管理用タブレットが所在不明 - 岸和田市民病院
顧客情報含むリストが所在不明、巡回時に紛失か - 東京ガス
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
健康保険関連の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 蒲郡市
症例要約含むUSBメモリを医学部で紛失 - 群馬大