Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも

大阪府において、児童扶養手当に関する決裁文書が所在不明になっていることがわかった。2017年5月に職員が気が付いたが、情報共有しておらず、公表や対象者への謝罪が遅れたという。

20180404_op_001.jpg
事態を公表した大阪府

同府によれば、同府家庭支援課において2017年3月付で認定した特別児童扶養手当と児童扶養手当に関する決裁文書6件を紛失したもの。

申請者39人分の個人情報が記載されていた。氏名やマイナンバー、住所、電話番号のほか、口座情報、本籍や婚姻歴、居住状況、収入、職業、病歴や健康状態、障害の状況などが含まれる。

2017年5月に文書の所在がわからなくなったことから、複数の職員が捜索したが発見できず、8月と12月にも捜索したが見つからなかったことから、保管場所やファイリングの誤りと判断して捜索を打ち切っていた。

(Security NEXT - 2018/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童名簿紛失を報告しなかった校長らに対し懲戒処分 - 千葉市
小学校で児童名簿を紛失、5カ月後の匿名通報で発覚 - 千葉市
児童や学生など含む個人情報約4万5000件が流出した可能性 - 前橋市
市施設で児童の画像含むメモリカードが盗難、職員が逮捕 - 印西市
幼児の一部線量計が所在不明、測定値が計測不能に - 郡山市
委託先が保護者500人宛のメールで誤送信 - 名古屋市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 川崎市
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
長野県、なりすまし職員に公文書渡す - 確認口頭のみで
小学校で施錠保管の家庭環境調査票が所在不明に - 大阪市