Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を

さらにアンケートの最後には、質問への回答により最新スマートフォンを獲得したなどと説明。賞品が3台に減ったかのように表示し、外部サイトへ誘導するボタンをクリックさせようとしていた。

20180403_yu_002.jpg
最終的に表示される画像。クリックすると外部サイトへ誘導される

問題の偽サイトは1ページで構成されており、スクリプトによって遷移するしくみ。賞品の台数などは、いずれも最初からコードに含まれており、まったくのでたらめだった。

編集部で確認したサイトに関しては、汎用的な内容のアンケート以外にメールアドレスや氏名、住所、クレジットカードといった情報を入力させるページは用意されておらず、複数サイトの転送を経てアプリのダウンロードページへ誘導していた。アフィリエイトなどによる収益を狙ったものと見られる。

一方日本郵便では、住所などだまし取るフィッシングサイトとして注意喚起を行っており、閲覧環境やサイト、時間などによって誘導先を変更している可能性もある。

今回のケースに限らず、最新スマートフォンをプレゼントすることを口実にフィッシングサイトで情報を入力させたり、マルウェアをダウンロードさせる手口は、これまでもたびたび確認されており、引き続き注意が必要だ。

(Security NEXT - 2018/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トヨタ紡織の欧州子会社で最大40億円の詐欺被害 - 虚偽の入金指示で
LINEのフィッシング報告が増加 - URL変化させながら次々と
CMSの「SHIRASAGI」にオープンリダイレクトの脆弱性
「キャリア決済」狙うスミッシング - 2段階認証設定でも被害が
「Officeプロダクトキーが異常な状態」とだます偽MS - 「修復作業」の演出も
フィッシング報告、5000件超で過去最多 - URL件数も高水準
日本郵便の不在通知装うスミッシング再び - iPhoneもターゲット
7割がセキュリティ予算不足 - 最新技術の導入足かせに
「地下鉄カードの現金返還キャンペーン」装うフィッシング - 情報詐取やマルウェア感染狙う
「セキュリティ審査」とだます偽Amazonに注意