Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業向けテレワークのセキュリティガイドライン - CSAJ

20180403_cs_001.jpg
中小企業でのIT利活用によるテレワーク実現に向けたガイドライン(在宅勤務編)

コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は、「中小企業でのIT利活用によるテレワーク実現に向けたガイドライン(在宅勤務編)」を取りまとめた。

同ガイドラインは、安全なテレワークを実現するためのセキュリティポリシーについて取りまとめたもの。会社貸与の端末が前提としており、BYODは対象外。

対象企業はIT企業を想定しているが、セキュリティポリシーとチェックリストの改変は自由となっており、変更をくわえて一般の中小企業でも利用できる。

在宅勤務におけるセキュリティポリシーとして、「貸与端末、宅内LAN」「Active Directory」「VPN、その他通信」「ログ」「規程」「教育」の各項目ごとに策定。「規程」と「教育」については、実際に使用可能な規程内容や教育コンテンツを提示している。

そのほか、在宅勤務におけるセキュリティチェックリストも提供。テレワークに関する製品やサービスなども紹介している。

(Security NEXT - 2018/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ人材のスキル可視化施策についてレポート - JNSA
2019年3Qの脆弱性届け出が3割減 - 目立つウェブ関連
「7pay」問題で役員報酬を自主返納、再発防止策も - セブン&アイHD
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
システム開発の「Shift Left」を支援するコンサルサービス - BBSec
課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大
政府、決済事業者に不正アクセスへの対策強化を要請
電力事業者向けにセキュリティGL対応支援コンサルサービス
2019年2Qの脆弱性届出は499件、ウェブサイト関連が6倍に
「7pay」不正利用問題で対策プロジェクトを立ち上げ - セブン&アイHD