Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「添付ファイルでマルウェア感染?」「PCの動作が変?」 - まずは調査を

「身に覚えのない添付ファイルやリンクをうっかり開いてしまった」「パソコンの動作がどうもおかしい」など、マルウェア感染が疑われる場合、どのように調査すれば良いだろうか。そのような時に活用できるノウハウをIPAが紹介している。

情報処理推進機構(IPA)が、マルウェア感染が疑われる場合の調査方法などをまとめた「サイバーレスキュー隊(J-CRAT)技術レポート2017 インシデント発生時の初動調査の手引き - WindowsOS標準ツールで感染を見つける」を公開したもの。

インシデントの初期段階にシステム管理者やCSIRTが実施すべき初動調査の具体的な手順を解説。標的型攻撃は、セキュリティ対策ソフトで発見できないケースがある上、初動対応の遅れが感染拡大につながるおそれがあるため、同資料では、感染の有無を評価するポイントを紹介している。

20180402_ip_001.jpg
攻撃による影響か、感染の有無があるか、まずは調査をすることが重要(画像:IPA)

(Security NEXT - 2018/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
セキュキャン、応募課題を先行公開 - 応募期間短く注意
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
オンライン実施のCODE BLUE、参加費無料に - 講演募集も開始