Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バッファロー製の一部無線LANルータにリモートよりコマンド実行される脆弱性

バッファローの無線LANルータ「WZR-1750DHP2シリーズ」に3件の脆弱性が含まれていることがわかった。悪用されると、任意のコードやコマンドを実行されるおそれがあるという。

20180329_bu_001.jpg
注意喚起を行ったバッファロー

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品において認証欠如の脆弱性「CVE-2018-0554」をはじめ、バッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2018-0555」や「OSコマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2018-0556」が明らかになったという。

脆弱性を悪用されると、リモートより任意のコマンドを実行されるおそれがある。またログイン権限が必要となるが、細工したファイルを読み込ませることで任意のコードを実行することが可能。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの塚本泰三氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

バッファローでは、脆弱性を解消したファームウェア「バージョン2.31」を公開。同社やセキュリティ機関ではアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Mac向けZoom製ウェブ会議ソフトに脆弱性 - ウェブ閲覧でカメラ起動
Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート
「Adobe Experience Manager」に情報漏洩の脆弱性
「Firefox 68」がリリース、クリティカル含む脆弱性21件を解消
「アクセス解析CGI An-Analyzer」に複数の脆弱性
「7pay」が全面的にチャージ停止 - 「7iD」のPW再設定機能は修正中
「Cisco DCNM」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートで修正
Linux SACK処理の脆弱性、VMwareの31製品に影響
MSが「Azure Sphere」評価版を更新、Linux脆弱性を修正 - AKS利用者なども注意
ICカード対応施錠管理製品に認証回避のおそれ