Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC

20180404_pw_001.jpg

PwCコンサルティングとPwCサイバーサービスは、「GDPR 72時間侵害通知支援サービス」の提供を開始した。

同サービスは、5月より施行される「EU一般データ保護規則(GDPR)」への対応を支援するもの。GDPRでは、個人データの侵害を企業が認知してから72時間以内に、監督機関へ報告することが義務付けられており。同サービスでは、報告書の作成を支援する。

平常時に、個人データを管理するシステムやネットワークの状況を把握し、GDPR対応に必要なセキュリティ対策に関する質問に回答しておき、インシデント発生時には、初動対応や調査、復旧の進め方をアドバイスする。

データ主体を含めたステークホルダーとの対応についても、必要に応じて支援するほか、ログ分析やマルウェアの動的分析、漏洩情報の調査などにも対応する。

(Security NEXT - 2018/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人データの相互移転、日EUが最終同意 - 今秋に運用開始
GDPRの理解を問う試験を提供 - EXIN JAPAN
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」