Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC

20180404_pw_001.jpg

PwCコンサルティングとPwCサイバーサービスは、「GDPR 72時間侵害通知支援サービス」の提供を開始した。

同サービスは、5月より施行される「EU一般データ保護規則(GDPR)」への対応を支援するもの。GDPRでは、個人データの侵害を企業が認知してから72時間以内に、監督機関へ報告することが義務付けられており。同サービスでは、報告書の作成を支援する。

平常時に、個人データを管理するシステムやネットワークの状況を把握し、GDPR対応に必要なセキュリティ対策に関する質問に回答しておき、インシデント発生時には、初動対応や調査、復旧の進め方をアドバイスする。

データ主体を含めたステークホルダーとの対応についても、必要に応じて支援するほか、ログ分析やマルウェアの動的分析、漏洩情報の調査などにも対応する。

(Security NEXT - 2018/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

従業員による個人情報売却、国内顧客に影響なし - トレンドマイクロ
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
GDPRの認知度は85.5% - 「対策済み」半数届かず
ゲーム形式のサイバー攻撃演習に「GDPR版」 - カスペ
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
GDPR「適正に個人情報を移転」は34% - 3分の1は未対応
Ruby技術者認定試験の合格者リストを誤って公開 - 一部GDPRの影響も
GDPRにおける日本の「十分性認定」、1月23日に決定予定
GDPRにおける日本の十分性認定、2019年に持ち越し