Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SECCON」と「SecHack365」がコラボ、「SECHACKCON2018」開催

20180402_sc_001.jpg

SECCON実行委員会とSecHack365は、コラボレーションイベント「SECHACKCON2018(セチャコン2018)」を、4月15日に都内で開催する。

同イベントは、国内最大規模のセキュリティコンテスト「SECCON」と、2017年度よりスタートした若手セキュリティ研究者の育成プログラム「SecHack365」のコラボレーションにより実現したもの。

イベントでは、SECCONにおいて過去に出題された問題に、SecHack365の修了生が挑戦する特別セッションを企画。さらにセキュリティ技術が体験できるワークショップや縁日など、大人から子どもまで楽しめる催しを用意している。

またSecHack365の取り組みを紹介するポスター掲示やデモ展示も行う予定。会場は、秋葉原UDX内のAKIBA_SQUARE。事前登録など詳細はSECCONのサイトから。

(Security NEXT - 2018/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CODE BLUE 2019開幕 - 脅威トレンドや世界情勢を反映
「SECCON CTF 2019」のオンライン予選、まもなく開催
「AI/IoTシステムのための安全性シンポジウム」が都内で開催
JPAAWGのイベントが11月に開催 - メールやメッセージのセキュリティを議論
効果的な情報共有について議論する国際シンポ - 11月に開催
大阪府警のサイバー犯罪防止啓発で「モンハン」キャラが登場
「STOP!パスワード使い回し!キャンペーン2019」がスタート
専門学生向けにコンテスト開催、課題は「WAF」導入 - MBSD
セキュリティがテーマの川柳を募集 - ウェブルート
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実