Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマートスピーカー経由の個人情報漏洩、約6割弱に危機感

人工知能(AI)を利用したスマートスピーカーについて、6割近くが会話以外の個人情報についても、漏洩することへ危機感を感じていることがわかった。

ジャストシステムが、2月26日から3月4日にかけてインターネットによるアンケート調査を行い、結果を取りまとめたもの。15歳から69歳の男女1100人を対象に実施し、そのうち「スマートスピーカーを知っている」と回答した814人が、スマートスピーカーのセキュリティに関する質問に答えた。

スマートスピーカー経由の「会話情報」が漏洩することに危機意識を持っているか聞いたところ、「危機意識を持っている(21.9%)」「やや危機意識を持っている(32.2%)」とあわせて54.1%にのぼった。

さらに「会話情報以外の個人情報」が漏洩することへの懸念については、「危機意識を持っている(23%)」「やや危機意識を持っている(35.4%)」をあわせると58.4%となり、6割近くの回答者が危機意識を持っていることがわかった。

また外部からの不正アクセスなどによる家電などの乗っ取りについては、64%が危機意識を持っていると回答している。

20180326_ja_001.jpg
スマートスピーカーのセキュリティに対する意識調査(グラフ:ジャストシステム)

(Security NEXT - 2018/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
Intel、多岐にわたるセキュリティアップデート - アドバイザリの確認を
IoTボット、感染対象を「Apache Struts 2」やセキュリティ製品にも拡大
日本語メールで不正「iqyファイル」が大量流通 - 国内IPでのみ感染活動を展開
JETRO、海外展開支援事業で49社を採択 - セキュリティ分野から2社
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
IoT機器メーカー向けのPSIRT支援サービス - NRIセキュア
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
電気通信事業者によるサイバー攻撃対処案 - パブコメ実施
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱