Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマートスピーカー経由の個人情報漏洩、約6割弱に危機感

人工知能(AI)を利用したスマートスピーカーについて、6割近くが会話以外の個人情報についても、漏洩することへ危機感を感じていることがわかった。

ジャストシステムが、2月26日から3月4日にかけてインターネットによるアンケート調査を行い、結果を取りまとめたもの。15歳から69歳の男女1100人を対象に実施し、そのうち「スマートスピーカーを知っている」と回答した814人が、スマートスピーカーのセキュリティに関する質問に答えた。

スマートスピーカー経由の「会話情報」が漏洩することに危機意識を持っているか聞いたところ、「危機意識を持っている(21.9%)」「やや危機意識を持っている(32.2%)」とあわせて54.1%にのぼった。

さらに「会話情報以外の個人情報」が漏洩することへの懸念については、「危機意識を持っている(23%)」「やや危機意識を持っている(35.4%)」をあわせると58.4%となり、6割近くの回答者が危機意識を持っていることがわかった。

また外部からの不正アクセスなどによる家電などの乗っ取りについては、64%が危機意識を持っていると回答している。

20180326_ja_001.jpg
スマートスピーカーのセキュリティに対する意識調査(グラフ:ジャストシステム)

(Security NEXT - 2018/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoTシステムのセキュリティ実装でチェックシート - SIOTP協議会
2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加
サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye
「Mirai」感染狙うIoT機器狙った11種類のアクセス - 12月より増加
総務省、東京オリパラまでに取り組むべきセキュ対策を緊急提言
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
東名阪で「Security Days 2020」がまもなく開催
ウェブアプリなどの脆弱性情報を配信するサービス - EGセキュア
脆弱IoT機器823件へあらたに注意喚起 - NOTICE