Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマートスピーカー経由の個人情報漏洩、約6割弱に危機感

人工知能(AI)を利用したスマートスピーカーについて、6割近くが会話以外の個人情報についても、漏洩することへ危機感を感じていることがわかった。

ジャストシステムが、2月26日から3月4日にかけてインターネットによるアンケート調査を行い、結果を取りまとめたもの。15歳から69歳の男女1100人を対象に実施し、そのうち「スマートスピーカーを知っている」と回答した814人が、スマートスピーカーのセキュリティに関する質問に答えた。

スマートスピーカー経由の「会話情報」が漏洩することに危機意識を持っているか聞いたところ、「危機意識を持っている(21.9%)」「やや危機意識を持っている(32.2%)」とあわせて54.1%にのぼった。

さらに「会話情報以外の個人情報」が漏洩することへの懸念については、「危機意識を持っている(23%)」「やや危機意識を持っている(35.4%)」をあわせると58.4%となり、6割近くの回答者が危機意識を持っていることがわかった。

また外部からの不正アクセスなどによる家電などの乗っ取りについては、64%が危機意識を持っていると回答している。

20180326_ja_001.jpg
スマートスピーカーのセキュリティに対する意識調査(グラフ:ジャストシステム)

(Security NEXT - 2018/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減
JSSECら、3月にIoTセキュリティテーマのフォーラムを開催
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
32764番と37215番ポートへのアクセス増 - 複数メーカーのルータ脆弱性狙いか
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
IoT製品のファームウェア用脆弱性調査ツール - ソースコードに非依存
IoT機器でのプライバシーやデータ保護、半数超が追加支出を許容 - 海外調査
IoTセキュリティ、9割が「顧客のために重要」 -脅威をすべて検出できる約3割
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン