Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多

一方、検挙事件において、脆弱性を攻撃したケースは54件。前年の5件から約11倍へと増加している。

被疑者の年齢は、13歳から60歳まで幅広いが、「14〜19歳」が92人でもっとも多く、「20〜29歳(87人)」「30〜39歳(36人)」が続く。

動機を見ると、「好奇心を満たすため」が193件でもっとも多い。「顧客データなどの不正入手」が103件、「不正に経済的な利益を得るため」が95件だった。

20180322_np_003.jpg
検挙された不正アクセス行為の動機(グラフ:総務省)

(Security NEXT - 2018/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
2019年上半期の捜査機関開示要請は1625件、79%に対応 - LINE
上半期の不正アクセス検挙182件 - 関係者の犯行が最多
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割