Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多

「オンラインバンキングにおける不正送金」の次に多かったのが、「仮想通貨交換業者などでの不正送信」で149件。さらに「メールの盗み見等の情報の不正入手」が146件と僅差で続いた。「インターネットショッピングでの不正購入(133件)」「知人になりすましての情報発信(110件)」が続く。

20180322_np_001.jpg
検挙件数、検挙人数の推移(グラフ:総務省)

今回よりあらたに集計されている「仮想通貨交換業者などでの不正送信」では、被害額は約6億6240万円に上ったという。

2017年は認知件数が大きく減少する一方、検挙件数は648件となり、2016年の502件から増加した。検挙人員は255人で前年比55人増。検挙事件数を見ても、174件から213件に増加している。

検挙事件における手口を見ると、「ID」や「パスワード」など識別符号を窃取して利用した「識別符号窃用型」が545件。そのうち、「パスワードの設定や管理の甘さにつけ込んだもの」が230件で、「知り得る立場を悪用したもの」が113件で続く。また他人から入手したケースが42件だった。

(Security NEXT - 2018/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
2019年上半期の捜査機関開示要請は1625件、79%に対応 - LINE
上半期の不正アクセス検挙182件 - 関係者の犯行が最多
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
2018年度の個人情報漏洩は4380件、8割は誤送信や紛失
2018年の個人情報漏洩は443件、想定損害賠償総額は2684億円 - JNSA調査速報