Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開発時のセキュリティ、社内方針があるIoT製品は4割未満 - 産業用などで低い傾向

開発時に何らかのセキュリティ基準が設けられているIoT製品やサービスは、4割未満にとどまることがわかった。特に産業用IoT機器で低く、コンシューマー向けIoT機器に至ってはまったく用意されていなかった。

情報処理推進機構(IPA)が、IoT製品やサービスの開発者を対象に実施したアンケート調査によって明らかになったもの。2017年11月から12月にかけて、郵送により調査を実施した。

IoT推進コンソーシアムの法人会員1500組織にあわせて1740通の調査票を配布。205件の回答があった。同一企業内で複数の製品やサービスを開発している場合、「1製品」「1サービス」を1件としている。

同調査によると、IoT製品開発時のセキュリティに関して、全社統一の社内方針がある製品、サービスは35.6%。種類別に見ると、「ネットワーク機器(62.5%)」や「IoT関連サービス(48.9%)」が高い。

一方「産業用IoT機器」は24.1%と低く、「コンシューマー向けIoT機器」に関して、回答そのものが8件と少ないが、いずれも開発全体の方針などは設けられていなかった。

20180322_ip_001.jpg
製品やサービスの種類別に見た開発全体のセキュリティ方針、基準の有無(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2018/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ダークウェブの情報収集を産官学で共同研究 - 神奈川県警ら
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
2019年2Qの脆弱性届出は499件、ウェブサイト関連が6倍に
「JVN iPedia」登録、2019年2Qは5207件 - 累計10万件突破
スタートアップのFlatt、約2.2億円を調達
「Android セキュアコーディングガイド」に中国語版 - JSSEC
IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
NECとFFRI、海外製品由来の問題に影響受けない製品を共同開発
2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増