Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

活発な動きを見せるイランの「Chafer」 - サプライチェーン上流を標的に

イランのサイバー攻撃グループ「Chafer」が活発な動きを見せている。シマンテックによれば、中東を中心に攻撃を展開してきたが、攻撃範囲を徐々に拡大。攻撃も大胆になっており警戒を強めている。

同グループは少なくとも2015年より活動していることが判明している攻撃グループ。これまでもイラン国内の個人や、中東地域の通信会社、航空会社などへの攻撃が明らかとなっている。

具体的には、イスラエル、ヨルダン、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、トルコなどの9組織を対象に攻撃を展開。航空会社や航空機メーカー、運輸向けソフトウェアの開発会社、通信サービス、コンサルタント、文書管理サービスなど幅広い業種をターゲットとしていた。

2017年には通信事業者へソリューションを提供するベンダーで被害が発生。同攻撃についてシマンテックでは、エンドユーザーを監視するため、サプライチェーンの上流を狙った可能性があると分析。また従来は中東が中心だった攻撃対象地域をアフリカに拡大しつつあるという。

(Security NEXT - 2018/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算
制御システム安全装置狙う「Triton」を検知 - 大規模攻撃の準備段階で失敗か
北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
カスペ、2016年度は258万台からランサム検知 - 暗号化型が1.6倍
セキュリティ侵害発覚まで平均520日 - 狙いは役員の「メール」
第2の「Stuxnet」がさらに進化、「Duqu 2.0」見つかる - イラン核協議の諜報目的か
2013年第4四半期は日本を送信元とするスパムの割合が増加
顧客情報記載の明細表が所在不明 - JA松本ハイランド
中国のサイバー攻撃は「質より量」、コスパ優れる - ファイア・アイ報告
スパムの最多送信国は米国 - 人口の割合ではベラルーシがトップ