Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コレガ製ルータ「CG-WGR1200」に3件の脆弱性 - 修正予定はなし

コレガの無線LANルータ「CG-WGR1200」に3件の脆弱性が含まれていることがわかった。すでにサポートが終了しており、アップデートの提供予定はないという。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品にバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2017-10852」やOSコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2017-10853」、認証の不備「CVE-2017-10854」など明らかになったもの。

同社では同製品のサポートをすでに終了しており、アップデートの予定はなく、コレガやセキュリティ機関では同製品の利用を中止するよう呼びかけている。またリモート接続機能の無効化や、内部からの不正なアクセスの防止など、脆弱性の緩和策もあわせて案内されている。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの塚本泰三氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したものでJPCERTコーディネーションセンターが調整を実施している。

(Security NEXT - 2018/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

最新「iOS」にゼロデイ脆弱性 - ジェイルブレイクツールが公開される
露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か
Apple、iOSアップデートの脆弱性修正内容を公開
Apple、macOS向けにセキュリティアップデート
複数の人気スマホ、地域による脆弱性格差が存在
「Cybozu Desktop」のWindows版に脆弱性 - アップデートで修正
WP向けプラグイン「Paid Memberships Pro」にSQLi脆弱性
「Apache Tomcat」にRCE脆弱性 - 5月公開の最新版で修正済み
「Chrome 83」が登場、XSS対策強化 - セキュリティ修正38件