Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コレガ製ルータ「CG-WGR1200」に3件の脆弱性 - 修正予定はなし

コレガの無線LANルータ「CG-WGR1200」に3件の脆弱性が含まれていることがわかった。すでにサポートが終了しており、アップデートの提供予定はないという。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品にバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2017-10852」やOSコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2017-10853」、認証の不備「CVE-2017-10854」など明らかになったもの。

同社では同製品のサポートをすでに終了しており、アップデートの予定はなく、コレガやセキュリティ機関では同製品の利用を中止するよう呼びかけている。またリモート接続機能の無効化や、内部からの不正なアクセスの防止など、脆弱性の緩和策もあわせて案内されている。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの塚本泰三氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したものでJPCERTコーディネーションセンターが調整を実施している。

(Security NEXT - 2018/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性