Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算

2017年にサイバー犯罪がグローバル経済にもたらした損害は約6000億ドルとの試算結果を米政策研究機関とセキュリティベンダーが取りまとめた。知的財産の窃取が25%以上を占めたという。

米国の戦略国際問題研究所(CSIS)とMcAfeeが共同で調査を実施したもの。北米、ヨーロッパ、中央アジア、東アジア、太平洋地域、南アジア、南米とカリブ海沿岸諸国、サハラ砂漠以南のアフリカ、中東と北アフリカのサイバー犯罪を対象に、被害者のコンピュータまたはネットワークへの違法なアクセス数に注目して試算した。

同調査によると、2017年にサイバー犯罪がグローバル経済に与えた損害は約6000億ドルに及び、1ドル105円換算で約63兆円。世界全体のGDPにおける0.8%に相当する。被害額が4450億ドルだった2014年調査を大きく上回った。

被害額が増加した背景には、あらたなテクノロジーの導入や拠点数の増加など、サイバー犯罪に参画することが容易となっていることにくわえ、サイバー犯罪者の上位層における財政状況が向上していることなどを挙げた。

(Security NEXT - 2018/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
LINE、捜査機関開示要請の76%に対応 - 不正アクセス関連は1%
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
ラック、インターポールとサイバー犯罪情報の共有契約を締結
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」