Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JSSEC、IoT導入企業向けのセキュリティチェックシートを公開

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は、企業においてIoT機器を導入、検証する際に活用できる「IoTセキュリティチェックシート」を公開した。同協会のウェブサイトより無償でダウンロードできる。

20180308_js_002.jpg
後藤氏

同資料は、一般企業がIoTを導入、利用する際にセキュリティ対策面で検討すべき項目を洗い出したチェックシート。IoT推進コンソーシアムが2016年に公開した「IoTセキュリティガイドライン」をベースとしており、利用者視点で利用できるよう工夫した。

「方針」「分析」「設計」「構築、接続」「運用、保守」の各項目ごとに指針と要点をまとめたほか、IoT導入時に検討すべき観点、推奨事項などを示している。ただし、高度な対策が求められる医療機関や重要インフラ事業者については対象外。

記者説明会に登壇した同協会利用部会で部会長を務める後藤悦夫氏は、「これまでもIoTのガイドラインは複数公開されているが、ベンダー向けのものが中心。利用者向けのものが少なかった」と公開に至った経緯を説明。「IoTを導入する早い段階から活用してもらえればうれしい」と述べた。

同協会では、3月9日にJSSECセキュリティフォーラム2018を開催する予定で、同チェックシートについて解説するセッションも用意している。

20180308_js_001.jpg
今回公開されたIoTセキュリティチェックシート(一部)。PDFファイルで入手できる

(Security NEXT - 2018/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoTセキュリティに特化した子会社「ゼロゼロワン」を設立 - ココン
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
2019年上半期の攻撃パケット、IPアドレスあたり約48万件
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
「Security Days Fall 2019」を開催 - 100超の講演を予定
「Trend Micro CTF 2019」が開催 - オンライン予選は9月
「情報セキュリティ白書2019」を発行 - 無料のPDF版も
家庭用IoT機器の7%が「telnet」や「FTP」など使用 - ルータは15%
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも